リドスプレー(LIDO SPRAY)正規品の入手と活用のコツ

リドスプレーの正規販売店を紹介

リドスプレーは、海外通販で正規販売店から購入できます。

>>私が利用している正規販売店はこちら

価格は、1本15mlあたり2千円程度で購入できます。

これまで10本以上購入してきた経験則では、1本で20~30回分くらい使えます。

1度にまとめて購入する場合、最大10本まで可能ですが、3本あれば十分です。

お試しなら1本をオススメします。

基本的な使用方法

リドスプレーの使い方は、以下のようになっています。

用法

行為の前に使用してください。

通常30分程度前に使用します。

行為の前には必ずシャワーなどで洗い流しスプレーが残らないようにしてください。

スプレーが残っていると成分が膣に作用し、相手が感じにくくなる場合がございます。

(販売店より引用)

>>リドスプレーの詳しい使用方法はこちら

他の注意点なども確認しておくと、届いてからすぐ活用できます。

活用のコツ

今まで、100回くらいリドスプレーを使ってきた経験を踏まえて活用のコツ、注意点に触れておきます。

1.使用する部位、プッシュ回数

ペニスの神経は上側に通っています。

上側の根元から先端へかけて、3~5プッシュくらいでちょうど良いと思います。ガス噴霧式なので、勢いよくピンポイントで狙って塗布できます。

2.使用のタイミング

ホテルでもお店でも、相手と会う直前にトイレへ行き、こっそり使うのがベストかなと思います。

塗布する時、焦ってはいけません。

堂々と気にせず、何も無かったくらい気楽にいきましょう。

塗布後は、15分以上してから洗い流すと効いている気がします。

感度の残り具合に応じて会話時間を延ばすなど、多少の調整は必要かもしれません。

3.注意

使用していることをカミングアウトするのは、相手の気分を下げることがあるので注意しましょう。

「ちゃんと効くのかな?」とか、「すぐ使いこなせるようになるかな?」とか、私も最初は思いました。

予行練習として3回くらい使用すれば、すぐ感覚を掴めます。

リドスプレーが改善する仕組み

リドスプレーの原理は単純です。

鎮痛成分「リドカイン」が塗布した皮膚の刺激を抑えてくれます。

興奮状態だと、少ない刺激が脳内で増幅されます。

リドスプレーを塗布することで、皮膚から脳へと伝わる刺激を直接抑えることができます。刺激の脳内増幅を防ぎ、短時間で果てるのが防止できる仕組みです。

巷で言われるウソ情報に注意

リドスプレーに過度の期待は禁物です。

一例として、強壮力が向上すると書かれている場合があります。

そもそも、主成分のリドカインは、一般的な塗り薬などに配合される鎮痛成分です。

ドラッグストアでかゆみ止めクリームを手に取り、成分内容を確認してみると見つけることができると思います。

他の早漏防止スプレーと比較

リドスプレーを他の早漏防止スプレーと比較します。

いずれも、リドカインを主成分として含むミストタイプの早漏防止スプレーです。

VPMAXスプレー

リドスプレーの他に試すとすれば、これは中々面白い商品だなと思いました。

リドカインによる鎮痛作用による効き目のほか、メントールが含まれていることでひんやり爽快感があります。

ボトルサイズが小さく持ち運びに便利です。ミストタイプなので、スプレー音も気になりません。

リドスプレーが販売終了した場合の代用候補です。

>>VPMAXスプレーの詳細はこちら

メガマックススプレー

効き目は、いまいちだなと思いました。

感度の抑えられ具合は軽微な気がします。

リドスプレーを使って、「効き目が強すぎて行為が全然楽しくない」という人には、こちらをオススメします。

>>メガマックススプレーの詳細はこちら

早漏の仕組み

早漏に陥るのは、自律神経の交感神経優位な状態にあります。

大半が精神的なものです。

早漏は、交感神経がオンに入りやすい状態で起こります。

刺激に対して敏感になっているので、皮膚から伝わる刺激を脳内で増幅してしまい耐えられなくなって果てるという仕組みです。

パラボナアンテナのようなものです。

早漏の原因

早漏の原因は、「緊張」です。

  • 「チャンスを逃したくない!」
  • 「早イキ野郎と思われたくない!」

失敗に対する恐れと興奮が入り交じるほど、陥りやすくなります。

相手の魅力やシチュエーションに緊張してしまうほど失敗を恐れ、交感神経優位な状態が続き、微弱な刺激にも耐えられなくなる。

行為後に言い訳していませんか?

失敗をイメージするほど緊張するという悪循環です。

いろいろ気にして、自分をコントロールできなくなる結果が早漏です。

陥りやすいシチュエーション

例えば、オトナのお店です。

彼女もおらず、なかなか機会に恵まれないため、お店へ行く。

特に、初めて行くお店は独特の緊張感があるものです。相手が初対面の女性となれば、緊張して交感神経優位な状況が続きます。

何度となく通うことが出来れば、次第に改善するかもしれません。

しかし、1度に2~3万円かかるお店に足繁く通うのは、難しいものです。

「使った分満足したい!元を取りたい!」と、思えば思うほど自分を追い込み、緊張しやすくなり早漏を悪化させてしまいます。

交感神経優位な状態

ヒトの本能として、ノルアドレナリンは、闘うか逃げるかという不安定な状態です。その先には、アドレナリンによる交感神経が優位な興奮状態が待っています。

緊張とは、不安がつきまとっている状態であり、いつでも交感神経優位にスタンバイしている状態とも言えます。

同じように、体が冷えている場合も交感神経が優位になっています。

つまり、冷え性体質も早漏要因となります。

長くパートナーが居る場合

結婚していたり、彼女が長く居るのに改善しない場合も根本原因は変わりません。

状況への緊張や興奮など、精神的要因で敏感になりやすい。シチュエーションや相手の魅力、反応などを気にしてしまう。

総じて、自律神経をコントロールできないのが原因です。

他にも、カフェインなどの飲食物による影響もあります。

カフェインには、神経伝達物質「ノルアドレナリン」の精製を促す働きがあります。コーヒーなどカフェイン飲料を良く飲む人は、早漏になりやすいと言われます。

特にブラックコーヒーは、要注意です。

私もコーヒー大好きです。

緊張とカフェインは、ノルアドレナリンを生成します。

つまり、あなたが「緊張しやすく、コーヒーが好きで冷え性」なら、早漏リスクが高いということです。

副交感神経でリラックスが改善のカギ

同じ飲み物でもお酒を飲むと中折れしたり長持ちするのは、自律神経が副交感神経優位になりやすいからです。

運動後も同じように、副交感神経側に入りやすいので長持ちすることがあります。ただし、体が温まっている間だけです。

  • 深呼吸する
  • リラックス
  • ストレッチ
  • リズム運動
  • 体を温める
  • 目を休める
  • 食事を摂る

副交感神経を優位にする方法は、いろいろとあります。

これらを試しても早漏が改善しない理由は、緊張によるノルアドレナリンが強力だからです。

男は本来早漏?

早漏は、人間本来の正常な働きという説もあります。

理由は、「長く行為を続けると、他の動物に襲われる危険性がある」とか、「子孫繁栄には、短時間で済ませた方が理にかなっている」というものです。

しかし、実際には、ヒトの祖先は、小さなコミュニティを作り移動しながら食べる「遊動生活」を何百万年と続けていて、暇にあふれていたと言われています。

暇な時にやることは、どの時代も一つです。

行為も当たり前に行われていただけでなく、コミュニティ内で相手を変えながら、暇さえあれば、行為にふけっていたという情報もあります。

ちなみに、向かい合って行為に及ぶのは、人間とボノボだけらしいです。

まじめな話をすると、多細胞成分には、「数を増やせ」という命題が細胞に刻まれているため性欲があるのが正常です。

つまり、行為をすることは、集団の結束力を高める日常的なコミュニケーション手段でもあったのです。

今すぐ早漏問題を解決したい人向け

「もっと早く使っておけば良かった」

私がリドスプレーを使い始めて、最初に思ったことです。

今まで、「早漏は、努力で克服すべき」とか、「物に頼るのは、男として情けない」とか、余計な情報に振り回されていた気がします。

精神論は、時間を無駄に食うだけです。

時間に追われる忙しい毎日です。

短時間で対策する方法があるなら、試してみて損はありません。

意味があるのかわからない早漏克服トレーニングに時間を費やすより、リドスプレーを使いこなす練習時間に使った方がマシです。

機会が増えれば緊張も減り、自ずと早漏が改善していくことも考えられます。

>>リドスプレー正規販売店はこちら