リドカインについて

局所麻酔剤として広く用いられている

リドスプレーの有効成分”リドカイン(lidocaine)”は、局所麻酔剤として一般的に広く使用されている薬剤です。

リドカイン製剤には、他にも注射液やゼリータイプ、点眼液なども有る為、体の内側外側で広範に使用される成分ですが、リドカインを主成分として、それぞれの用途に応じた配合量が厳密に定められている為、用途以外での使用や流用は禁忌となっています。

リドカインの歴史は古く、1943年にスウェーデンの科学者ニルス・ロフグレンとベングト・ルンドベリが開発したアミド型の局所麻酔薬で、5年後の948年から販売されています。

安定している為、安全性が高い成分。

局所麻酔薬というのは、脂溶性芳香族と水溶性アミンがアミド型かエステル型結合により連鎖する形をとっており、アミド型(リドカイン)は、組織浸透性と安定性の高い麻酔薬として構成されているそうです。

局所麻酔作用に秀でている薬剤のテトラカイン(tetracaine)よりも作用や作用時間で若干劣るものの、その分、特性を弱いが十分な薬効を持っていることから、リドカインが一般的に使用されています。

この成分を配合した製品として、リドスプレーのような表面麻酔を含め、浸潤麻酔、伝達麻酔、脊椎麻酔、硬膜麻酔に用いられているそうです。

ただし、アストラゼネカのキシロカイン(ポンプスプレー)の副作用を参考にすると、場合によっては、ショック、意識障害、中枢神経障害、過敏症などが起こるリスクも有る事を忘れてはいけません。

早漏防止の普段使いなら問題無いと考えられますが、本来とは違う用途に用いたり一度に多量消費するなどは、これらのリスクを近づける恐れが有りますので十分にご注意下さい。

リドカインの働き

リドカイン(Lidocain)は、局所麻酔薬として世界で最も多く使用されているものです。抗不整脈剤としての働きや1部の神経痛や手足のしびれなどの症状の緩和にも有効性が確認されています。

本剤の歴史は古く、1943年にスウェーデンの化学者ニルス・ロフグレンとベングト・ルンドベリが開発し、1948年に販売されています。

局所麻酔薬の中には最も強いテトラカインというものがあり、麻酔効果では若干劣るものの、その分毒性が良く十分な薬効を持っていることで使用されるケースが増えているとのことです。

もしくは、テトラカインと混合するという方法も用いられているそうです。

メニュー