スプレーするベストな場所は?

”上側のみ(カリから根元手前まで)うっすら満遍なく”がベスト

まじめにレポートさせていただきます。

早速結論からですが、私の中ではこれがベストだと思いました。
ある程度の感覚も残り気持ちよさも有りつつ、それでいてフライングを防ぐことが出来るベストな場所だと思います。

なぜ、カリから根元までが効果的なのか?

具体的な理由の説明も有ります。
実践内容の最後の方でその辺は解説します。

今までに、三つの方法を使い分けて試してきました。

  • 1.裏側も含め全体的にたっぷりスプレー
  • 2.カリにのみピンポイントで集中的にスプレー
  • 3.上側のカリから根元手前くらいまでさっとスプレー

結果、以下のような感じでした。

  • 1.感覚がなさ過ぎて2回目は無理
  • 2.我慢できない感覚が全然残ってる
  • 3.感覚もあるのにフライング感が無い

【1】がダメだった理由

まだ使い始めの頃は、どのくらいかければいいのかわからなかったので、とりあえず、ケチってフライングするのは避けたいと思ったので、全体的にしっかり満遍なくかけてみることにしました。

そしたら、1回目の段階でかなり感覚がなくなって危うい状態。
何とか、フィニッシュは迎えたものの、2回目頑張ろうとするも全くといっていいほど感覚が無くウンともスンともいきません。

使い物にならなかったのでボツ。

【2】がダメだった理由

【1】の方法で試した時に、感覚がなくなり過ぎて残念な事になったので、できるだけスプレー範囲を狭めようと思って、一番感覚の鋭いと思われるカリの部分だけを狙ってスプレーする方法を試してみました。

急なスイッチの入る感じさえ無ければ、大丈夫だと思ったので。

確かに、その部分周辺は、感覚を抑えることが出来ます。
しかし、肝心の竿の部分は、しっかりと感覚が残っているので、そこに、急激にグイっとされると「発射オーライ状態!」です。

これは、竿部分の感度がそれほど重要じゃないと思っていた自分の過信・・・。笑

我慢できない事があるのでボツ。

【3】が効果的な理由

一番、使い心地良くコントロールも出来た方法。(主観)

ただし、実際にペニスの神経の有る位置との関係もあります。
ペニスは、上の方に、亀頭先端付近から根元を通過する”陰茎背神経”というものがあります。

いわゆるここが刺激によってフライングを引き起こす要因。
この神経がペニスに沿って通っているので、カリ部分の感覚を抑えただけでは、竿の部分が刺激に敏感な事は改善されていません。

神経の通り道を直接刺激すると、カリに刺激するのと同じような感覚があるのだと思います。

なので、ピンポイントでは意味がなく、この神経の通り道を全体的にさっとスプレーしてやることで、効果的に射精に繋がるような強い刺激を抑えることが出来ます。

直接的な感覚と神経伝達もブロックされている感じでしょうか。
でも、ある程度の感覚はあるので勃起維持は問題なく出来ます。

参考になったでしょうか。