早漏とは・・・

男性の約3割に及ぶ射精障害

一概に早漏と言っても、具体的にどのような状態を早漏と言うのか確認しておきたいと思います。

早漏とは?

Wikipediaによると、『性交の際にパートナーが性的に満足しないうちに男性が射精してしまうことである。』だったり、『男性側が自分の性欲をうまくコントロールできないため、早漏になりやすい。』と、書かれていました。

基本、女性は性的満足を得るのが緩やかなのに対し、男性は、射精(性欲)を抑えてコントロールしなければ、通常は早漏になるそうです。

そうすると、早漏とは、性欲をコントロールできずに早い段階で射精してしまう状態であり、それによって、男性側が性的な満足度、達成感を得られない状況と言えます。

早漏の原因は何か?

早漏の原因は人それぞれですが、感覚が過敏になってしまっている為に起こりやすい場合が大半です。また、過敏になる原因には、脳内の興奮状態が関係しています。

簡単に言えば、性的興奮をコントロールできていないという状態です。

早漏だと、交感神経が優位になりやすく興奮を抑える事ができず思わず射精してしまいやすいと言われます。反対に、副交感神経が優位に働いていれば、脳内はリラックスの状態にある為、射精を抑える事ができます。

実際に、自分が早漏であるという認識を持っている男性のイメージする早漏は、挿入後すぐに射精してしまう、もしくは、数回ピストン運動を繰り返しただけで射精してしまうような状態だと思います。

では、なぜ性的興奮をコントロールできないのでしょうか?

それは、性行為の経験が少なく不慣れな事も関係していると言われているのですが、早漏であるが故に、回数を重ねても経験不足を補うことが難しいのも悪化させる原因の一つなのかもしれません。

リドスプレーが有効な理由

自律神経には、リラックスの副交感神経に対して、興奮の交感神経の二つがあります。

早漏の場合は、交感神経のスイッチが入りやすい状態だそうです。

早漏でない人は、次第に興奮状態が高まっていくので副交感神経からじわりじわりと交感神経側にスイッチが切り替わっていきます。

対して、早漏の人は、何かのきっかけでグンと交感神経側に針が振り切れてしまい我慢できずに射精してしまうという事のようです。

このトリガーとなるのが陰茎への刺激。

興奮状態マックスなので、ちょっとした刺激に耐えられない状態に陥っているので、陰茎に感じる刺激量(感覚)は同じでも、そこに交感神経優位な状態が加わる事で我慢できなくなってしまうのです。

なので、最後のトリガーとなる刺激を入れない方法がリドスプレーによる感覚の鈍化という事になりますね。

最終的な刺激を抑える事もできますが、セックス途中の刺激も緩和してくれる事で急に交感神経側にスイッチが入るのも防げ、じわりじわりと興奮状態になる事も早漏を防ぐ事に結果的に繋がります。