感覚をいかにコントロールするか

塗布量をいかに把握できるかが鍵

リドスプレーは、局所麻酔作用により過剰な刺激を抑える早漏対策スプレーですが、その作用のお陰でペニスは、痛くも痒くもない状態になります。

取り扱い店に掲載されているレビューを見てみると、中には、「気持ち良さが半減してしまった」という内容を見かけることがあります。

これは、ある種のジレンマ的な部分ですが、早漏が改善する反面、感覚が鈍ってしまい、気持ち良さを味わうことができなくなってしまったという悩みを抱えている人も少なくないようです。

では、気持ち良さを残しつつ感度を抑えることはできないのでしょうか?

これは、ある程度の経験を積まなければ、難しいかもしれません。

適量を把握することで気持ち良さを適度にキープしたまま、コントロールできるバランスを見つけることも可能ですが、そこに至る為には、自分に適した使用方法をマスターする必要があると思います。

時間をうまく利用する

自分なりの使用方法を見つけることで、気持ちよさを感じられくらいの感度を残しつつ、早漏にならない程度に刺激を抑えることができますが、時間をうまく利用することも一つの対策になります。

リドスプレーを塗布して一時的に感覚が失われても、時間が経過していくうちに、次第に効力が半減し感覚が戻ってきます。

まだ自分なりの使用方法を見つけることができずにスプレーしすぎて感覚がなくなってしまった場合は、前戯の時間を長くするなどして、少し時間を置いてから挿入するという方法もあります。

今どのくらいの感覚なのかをある程度把握しながら、タイミングを計ることができれば、気持ち的にも満足することができ、性行為を長く続けることも十分に可能です。

使用タイミングと実感

リドスプレーを使用するタイミングは、「通常であれば30分程度前に使用する事」となっています。

ですが、実際に使ってみると、その半分の15分程度でも十分に効果を実感出来る場合も有るので、このあたりも人それぞれかなと思います。

一応薬なので用法用量を守る必要はありますが、リドスプレーの特性上、どのくらいの効果を得たいのかによっても塗布するタイミングや時間、量などは個人差が生じると思います。

また、リドスプレーは陰茎に飲み塗布するものであり、体のその他の部分に塗布してはいけません。睾丸に使用する事も本来は禁忌とされているので十分に注意した方が良いと思います。

メニュー