早漏防止トレーニングをしても・・・

その先にあるのは我慢や辛抱のみ

早漏を根本的に解決したいと強く願っている場合、早漏防止トレーニングにトライしてみたことがあるかもしれません。

しかし、その先にあるのは我慢や辛抱など、性行為の気持ち良さや楽しさを半減させてしまう恐れの有るものばかりです。

ただし、心の底から「彼女を満足させられる男になりたい!そこに達成感を求めている」というのであれば、早漏防止トレーニングを行う意味はあると思います。

ですが、性行為に性的興奮による刺激を求めているというのであれば、トレーニングに摂り組めば取り組むほど、気持ちの面では、その反対方向に向かってしまうことになりかねません。

早漏防止トレーニングによって、自制心を身に付けなくてはいけないので、常に、冷静さが必要となります。

つまり、性欲をコントロールするということは、ある意味で、”快楽を捨てなさい”という事です。

寸止めは本番に活用できるか微妙

よくある早漏防止トレーニングの方法として、「自慰の最中に寸止めを繰り返す」というものがあります。

これは、イキそうになったら手の動きをストップするというのを繰り返し、次第に射精までの時間を長くしていくという方法でアメリカの科学者が開発した「スタート・ストップ法」というものです。

この科学者も早漏だったのかもしれませんが、やり方はとてもシンプルで、自慰でイキそうになったら手を止め、回復したらまた動かすというのを繰り返すだけなので、誰でもすぐに取り組めます。

しかし、本番で通用するかが微妙な気がしなく有りません。

自律神経の状態を踏まえると、イキそうになる時は、交感神経が優位に働き、ストップする事で一旦抑えられる。というオンオフを繰り返す事で次第に、神経が疲弊し、一時的に反応が鈍くなるだけなのかなと思います。

なので、自分のイキそうなラインを明確にして、本番でもヤバいと思ったらすぐにストップする事には使えそうですが、相手に身を委ねている時には手遅れとなる事があったり、常に我慢がつきまとうので性行為を楽しむ事ができなくなるかもしれません。