リドスプレーを一工夫加えて使う方法

参考になるレビューが色々とありました

オオサカ堂でリドスプレーの感想を見ていたら、いくつか、参考になる使い方など有りましたので紹介していこうと思います。本来の用途とは異なる場合もあるので、あくまでも参考程度に留めておいて下さい。

それも含めて、個人輸入薬の扱いは自己責任です。

1.ビニール袋を使用して無駄に付けない

局部だけスプレーしたいという場合には、ビニール袋に穴を開けて、その穴から陰茎を出して塗布するという方法があるようです。

これは、確かに的確な方法だなと感じました。

リドスプレー自体も同じ袋に入れて、その中で塗布すれば、ガスが室内に出る事も減らせるかもしれません。

2.塗布直後にコンドームを付ける

始まる前に、トイレでリドスプレーを塗布した後にすぐコンドームを被せるという方法がありました。

これは、いわゆる早漏防止コンドームを自作してしまおうという考えだと思いますが、リドスプレーをゴムに自分の陰茎を使って満遍なく塗っておくという事なんだと思います。

また、この方法を思いつかれた方が用意周到なのは、挿入前には、塗れタオルで装着したコンドームの外側を拭くという事です。これで、女性側の感度も失わずに済みます。

ただし、最初の塗布段階である程度の大きさにしておかないといけないので、それを考えると、別の何かにリドスプレーを塗布して行うという方法もアリかもしれません。

3.挿入直前にコンドームに付ける

挿入直前にゴムに少しスプレーしてから装着するという方法もありました。これも、確かに効果的な方法と思えます。

ただし、この場合は、お相手の女性が公認している、もしくは、何かしているな程度で特に気にされていない場合なら行いやすいかもしれませんが、それ以外の場合は、「このスプレーを使うと、ゴムが外れにくくなる」など、それっぽい言い訳を用意しておいた方が良さそうです。

4.ED治療薬との併用

時々見かけるのが、カマグラ、スーパーカマグラなど、ED治療薬と併用するというものですが、これは、感度の鈍化によって中折れしやすくなる対策という意味もあるようです。

ただし、ED治療薬を使ってしまうと、「そもそも数こなせるようになるし、要らなくない?」なんて事も起こりうるので、必要性を十分に考える事が大切です。

メニュー