交感神経を理解して早漏予防する方法

交感神経優位な原因が多い現代

早漏の原因には、交感神経(緊張)が優位な状態が続いていることが関係しているそうです。

例えば、コーヒーを毎日飲む人は、カフェインの影響で交感神経が優位になりやすく、それも早漏の原因の一つとなることがあります。

他にも、パソコンでの作業など、常に視神経が緊張したままの状態が続くのも、交感神経が優位に働いてしまうのであまりよろしくありません。

つまり、コーヒーを飲みながらパソコンで長時間作業するような現代的な生活をしていれば、大半の人は、早漏になりやすい状況が自ずと作られてしまうということです。

リズム運動が早漏改善の鍵

では、このような現代的な生活を続けつつも早漏を改善する方法はないのでしょうか?

それを知る上で重要となってくるのは、セロトニンが十分な量の存在すると副交感神経(緩和)を優位に働かせやすく、自律神経のコントロールがしやすくなるということです。

ではどのようにすればセロトニンの量を増やすことが出来るのかというと、食べ物以外にも取り組めて今すぐ改善が期待出来る方法があります。

それがリズム運動です。

その方法は至って簡単で、体をリズミカルに動かしたり、ウォーキングのような一定の運動を繰り返す事でセロトニンの分泌が促進されるようになるというものです。

家の中で、その場で歩く動作を続けるのもリズム運動なので、いつでもどこでも簡単に始めることができます。

リズム運動を繰り返していると、次第に心拍数が上がり体は温まり、運動を終えた後もある程度の時間は、その余韻に浸っていられる実感はあると思います。

それこそがセロトニンの分泌が増えて副交感神経が優位になっている状態です。なので、この状態を引き出しやすくなれば、早漏は改善する可能性があります。

行為中の注意点

このように、リズム運動を繰り返すことでセロトニンの分泌を促し、副交感神経を優位にすることでリラックスしやすくなれば、早漏改善の可能性もありますが、いざ本番という時に注意が必要の場合もあります。

それは、性的興奮が強すぎると簡単に交換神経が優位になってしまうという事です。

結局、実用性がなければ意味がありませんが、性行為の最中にリズム運動のようにセロトニンを増やすことも可能です。

その方法の一つは、前戯にかける時間を増やすということです。

ただし、ただペロペロと繰り返すだけでなく、体勢を入れ替えたり、色々なバリエーションのキスを繰り返すなどして、少し息が上がる程度で時間をかけることができれば、体も十分に温まり、セロトニンの分泌されやすい状況を作りやすくなると思います。